高血圧治療中のみなさん、こんにちは。私は高血圧に悩む男性です。このたび降圧剤である「アダラート」の服用を検討しようと思い、自分のためにアダラートについて勉強するついでにサイトを立ち上げてみました。みなさんの参考になれば幸いです。

高血圧の症状の重さにより異なるミカルディスの有効率

ミカルディスは2002年に発売が開始されたアンジオテンシンⅡ受容体遮断薬(ARB)に属する降圧薬です。
一般名はテルミサルタンです。ミカルディスは作用時間が24時間と長いため、1日1回の服用で済むことが大きな特徴です。
軽症・中等症本態性高血圧症への有効率は、76.8%、重症高血圧症に対する有効率は79.3%、腎障害を伴う高血圧症への有効率は65%というデーターが報告されています。
効果があるのは軽症・中等症本態性高血圧症だけではなく、重症高血圧症でも一定の効果を上げていることや腎障害を伴う高血圧症にも効果があるということも、ミカルディスの大きなメリットです。
軽症高血圧症と言うのは、Ⅰ度高血圧のことです。上の血圧(収縮期血圧)が140~159mmHg、または下の血圧(拡張期血圧)が90~99mmHgの範囲にある高血圧です。
中等度高血圧症は、Ⅱ度高血圧のことです。上の血圧が160~179mmHg、または下の血圧が100~109mmHgの範囲にある高血圧を言います。
重症高血圧症は、Ⅲ度高血圧です。上の血圧が180mmHg以上、または下の血圧が110mmHg以上の場合が当てはまります。
高血圧で血圧が高い状態が長く続くと、血管がダメージを受けて、心臓や腎臓や脳などの大切な臓器も影響を受けます。重症高血圧の人は、血圧が120/80mmHg未満の人と比べると約8倍も脳血管障害を起こすリスクが高くなります。末期腎不全は男性は17倍、女性は8倍というデータもあります。
降圧剤を服用するのは、単に血圧を下げるためだけではなく、血圧が高いことによって引き起こされる血管のダメージを防いで、脳や心臓や腎臓などの大切な臓器を守ることです。血圧を下げるのはそのための手段や通過点と言えます。
ミカルディスは重症高血圧症であってもその有効率は79.3%、腎障害を伴う高血圧であっても有効率は65%です。ミカルディスを主治医の指示通りに服用し、食事療法や運動療法を行って、あなたの大切な臓器を守ってください。

ミカルディスにある降圧以外の作用とは?

ミカルディスなどのアンジオテンシンⅡ受容体遮断薬(ARB)は、単に血圧を下げるだけではなく、心臓肥大の抑制作用や心不全の予後を改善する作用、糸球体内圧を低下させる作用やタンパク尿を減少させる作用、脳循環を調節する作用、動脈硬化を予防する作用、心房細動の発症を抑制する作用、インスリンの感受性を改善するなどの作用もあります。
高血圧によって血管がダメージを受けると、腎臓や心臓や脳にも影響が及びますが、ミカルディスには臓器保護作用があるので、これらの大切な臓器を守りつつ血圧を下げてくれます。そしてインスリンの感受性を改善する作用があるので、血糖値改善にもつながります。
このように、ミカルディスは血圧を下げる以外の付加的なメリットがたくさんあるので、高血圧の患者さんだけではなく、心臓肥大のある人、心房細動を予防したい人、心筋梗塞後の人、腎臓が悪くてタンパク尿が出る人、腎不全がある人、脳血管障害の慢性期の人、糖尿病で血糖値改善が必要な人、メタボリックシンドロームの人、高齢者の人にも積極的な適応となっています。高血圧にこれらの疾患を合併している人に、好んで選ばれているのがミカルディスです。
日本は超高齢化社会を迎え、一人の高齢者がいくつもの疾患を抱えているケースが増えました。そのため、病院に行く時はお薬を持ち帰るための大きなバッグを持って行かなければならないという高齢者が大半になっています。
しかし認知機能が衰えてきた高齢者にとって、服薬管理も非常に大変な仕事です。間違わないように気をつけながら、毎日飲まなければなりません。
その点、ミカルディスは1日1回の服用で済むことや、血圧を下げる以外に臓器保護や血糖値改善作用があることから、高齢者にも使いやすいお薬だと言えます。
ミカルディスで高血圧による血管のダメージを抑え、心臓や腎臓や脳を守りましょう。

■ミカルディスは通販で購入することも可能
血圧を下げる為にミカルディスを服用