高血圧治療中のみなさん、こんにちは。私は高血圧に悩む男性です。このたび降圧剤である「アダラート」の服用を検討しようと思い、自分のためにアダラートについて勉強するついでにサイトを立ち上げてみました。みなさんの参考になれば幸いです。

アダラートを服用の患者さんが食べるとNGメニュー

病院で高血圧と診断され、アダラートという降圧薬を処方されて血圧を下げる治療を行うことになった場合、薬物による治療だけでなく、血圧を上げる要因になっている生活習慣の修正も同時に行うことを求められることが多いものです。
高血圧の治療に取り組んでいる患者さんが直すことを勧められる生活習慣には、禁煙や過度の飲酒、運動不足の解消、肥満の改善などがありますが、中でも食事のメニューを見直すことと減塩は大切な要素になってきます。
アダラートを飲んでいる高血圧症の患者さんが食べるとNGなメニューには、例えばカップラーメンや塩鮭、たっぷりの漬物などがありますが、これらには血圧を上げるもととなる塩分が多量に含まれていることが問題となります。
また、高血圧の人はコレステロールや飽和脂肪酸が多く含まれる食べ物も控えた方が良いとされていますが、そのようなNGな食べ物としては生クリームやクリームチーズ、バター、牛肉や豚肉の脂身があり、気をつけたい食事メニューで言えば、すき焼きやフライドチキン、洋菓子などが挙げられます。
それから、塩分やコレステロール、飽和脂肪酸が多く含まれる食事はアダラート以外の降圧薬を飲んでいる人や、高血圧の予防をしたい人でも避けた方が良いメニューですが、特にアダラートと一緒に摂ってはNGな食品としてグレープフルーツジュースがあり、その理由は飲み合わせが悪いため薬の血中濃度が上がりすぎて副作用が出る怖れがあるからとなっています。
逆に、高血圧と診断された後に摂ることを心掛けたい食事は、体内の余分な塩分を身体の外へ出す働きを助けるカリウムが含まれるほうれん草などの野菜を多めにすることや、血栓予防にも良いとされる納豆、EPAやDHAを含む魚などの良質のたんぱく質を中心にしてメニューを考えるのがおすすめです。
高血圧の改善を目指す食事のレシピは本やインターネットで調べられるので活用すると良いでしょう。